今シーズン初の観客を入れての試合となったノジマステラ戦に駆けつけた、関東特派員?!の津村会員からレポートが届きました。

ベガルタレディース後援会関東在住会員の津村と申します。8/1(土)に開催されたアウェイのノジマステラ戦を観戦してきましたので、レポートをお届けします。

新型コロナウィルスの影響で約4ヶ月遅れで開幕したなでしこリーグ。1・2節はリモートマッチ(無観客試合)での開催でした。今シーズン最初の観客を入れての試合となったアウェイのノジマステラ戦(相模原ギオンスタジアム)に行ってきました。

相模原ギオンスタジアム入口~新型コロナ感染症対策が物々しい


17:00キックオフ

対戦相手のノジマステラ神奈川相模原は昨シーズンリーグ戦7位(マイナビベガルタは8位)。ベガルタに所属していた中野真奈美選手(2015~2017途中)、佐々木美和選手(2017~2018)が在籍しているチームです。#14國武愛美選手が昨シーズンまで所属していたチームでもあり、選手紹介の際にはノジマサポーターから大きな拍手が送られていました。


今シーズンまだ勝ち星のない両チーム。序盤は膠着状態でしたが、前半21分に失点。相手ゴールに迫るも決めきれず0-1で前半終了となりました。後半6分にはPKで失点し0-2に。シュートを放つも枠を捉えられない場面が続きましたが、後半36分ペナルティエリア内でファウルをもらいPKを獲得。キャプテン#7隅田凜選手が冷静に決めて1-2に。1点差を追いかけますが、追撃及ばず1-2で試合終了となりました。

昨シーズン最終戦(11/2ベレーザ戦)以来の公式戦観戦となりましたが、チャントもない、翻る大旗もない、アウェイサポーターもいないコロナ下のスタジアムは独特の雰囲気でした。なでしこリーグのガイドラインに基づき、アウェイチームのユニフォーム、グッズを着用しての入場、観戦は禁止でしたので、ベガルタゴールドが皆無の観客席でした。

今シーズン初勝利は次節以降に持ち越しとなってしまいましたが、今シーズン初得点が生まれました。苦しい状況ではありますが、チームは前進しています。

8/9(日)は遂にホームでの有観客試合です。みやぎ生協めぐみ野サッカー場でINAC神戸戦15時キックオフです。コロナ下で制約が多い状況ではありますが、スタジアムで、あるいはyoutubeなでしこリーグチャンネルでの中継を見ながら選手達に我々の熱い思いを届けましょう!