10月28日(日)勝利を信じ、プレナスなでしこリーグ1部残留を決めると信じて集まった大勢のサポーターでしたが…
後援会メンバーもいつも以上にハイテンションで、チアの皆さんと共に、後援会活動を行いました。今季最終号となる「後援会通信」を配布して後援会活動をアピールし、勝利を期してそれぞれに応援に向かったのでした!
結果は、残念ながらホームでの最終セレモニーに花を添えられず、仙台市からの「花束」も、後援会が用意した「果物贈呈目録」も、千葉監督・安本キャプテン共々沈痛な面持ちで受け取るということに。それでも次回11/3の最終戦に向けてのサポーターからの熱い応援に、選手たちの胸に期するものがあると確信しました。間近から捉えた彼女たちの表情を、温かい気持ちでご覧ください。

後援会ブース設置

後援会通信とVLPRESSの配布準備


登録更新してくださる方も


迎え入れる準備をしてお客さんを待ちます


チアの皆さんの笑顔がサポーターを迎えます


後援会活動を行ったメンバー…会長がいない


お仕事中でした


セレモニーに臨む監督、選手たち


果物の目録を贈呈した氏家副会長

西川代表取締役社長のあいさつ

千葉監督から「このままでは終わらない」

選手たちの気持ちを代弁する安本キャプテン


サポーターの声を聞く選手たち

最終戦一緒に戦おう、と鼓舞するサポーター