(名称及び所在地)
第1条 この会は「ベガルタ仙台レディース後援会」(以下「本会」。)と称し、事務所を仙台市に置く。

(目的)
第2条 本会は、ベガルタ仙台レディースを応援するとともに、「心意気あるメンバーシップ」を維持し、さまざまな支援活動をとおして宮城県のスポーツ文化振興及び地域、社会の発展に寄与することを目的とする。

(事業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するため、試合の応援、活動の支援、地域スポーツ文化振興、会員間の親睦、後援会運営に必要な事業、その他、本会の目的達成のために必要な事業を行う。

(参加資格)
第4条 本会は、ベガルタ仙台レディースを応援し本会の目的に賛同する個人を会員とする。

(入会及び入会金、年会費)
第5条 本会に入会を希望する者は、所定の様式に必要事項を記入し、入会金5,000円を納入し入会するものとする。
2 会員は、入会の翌年度から年会費(1口2,000円)を納入する。
3 脱会時の入会金、年会費の返還は行なわない。

(会員資格の更新)
第6条 会員は、年会費を納入することによって会員資格を更新することができる。
2 やむをえない事由によらず、2年間年会費の納入がない会員はその資格を失う。

(除名)
第7条 本会の目的に反する行為等があった場合、役員会の議決を経てその会員を除名することができる。
2 前項の規定により会員を除名する場合は、役員会は議決の前に当該会員に対し弁明の機会を与えなければならない。

(役員)
第8条 本会に次の各号に掲げる役員を置く。
(1) 会 長   1名
(2) 副会長   3名
(3) 理 事  若干名
(4) 監 事   2名

(役員の選任)
第9条 役員は総会において会員の中から選任する。

(役員の任期)
第10条 役員の任期は2年とし、再任は妨げない。
2 補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員は、その任期満了後も後任者が就任するまではその職を行わなければならない。

(役員の役割・任務)
第11条 会長は、会務を総理し本会を代表する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代理する。
3 理事は、役員会の会務を執行する。
4 監事は、本会の会務の執行および会計を監査し、必要に応じて各会議に出席し意見を述べることができる。

(顧問)
第12条 本会に顧問を置くことができる。
2 顧問は、会長の助言者としての役割を果たす。
3 顧問は、会長が総会の決議を得て委嘱する。

(総会)
第13条 総会は、後援会会員をもって構成する。
2 総会は年1回会長が招集する。会長が必要と認めたときは臨時に招集することができる。
3 総会は、出席会員の過半数をもって議決する。
4 総会は、次の各号に掲げた事項の審議を行い議決する。
(1) 本会の事業計画
(2) 予算、決算
(3) 役員等の選任
(4) 会則の改定
(5) その他、役員会が総会に付すべきとして議決した事項

(役員会)
第14条 役員会は、会長、副会長、理事、監事をもって構成する。
2 役員会は、適時会長が招集する。
3 役員会は、役員の過半数以上の出席により成立し、出席役員の過半数をもって議決する。
4 役員会は、次の各号に掲げた事項の審議を行い議決する。
(1) 総会で議決した事項の執行に関する事項
(2) 本会の組織および運営に関する事項
(3) 総会に付すべき事項
(4) その他、総会の議決を要しない重要事項

(事務局及び運営委員会)
第15条 本会の活動を円滑に遂行するため、事務局を置く。また、必要に応じて運営委員会を置くことができる。
2 事務局長は、役員会において会員のなかから選任する。
3 運営委員は、必要に応じて、役員会において会員のなかから選任する。

(会計年度及び運営資金)
第16条 本会の会計年度は、毎年2月1日から翌年の1月31日までとする。
2 本会の運営資金は、入会金、年会費、寄付金その他をもってこれにあてる。
3 会計責任者は、役員会において選任する。
4 本会の会計状況は、年1回役員会の審議と監事の監査を経て総会に報告、承認を受けるものとする。

(細則)
第17条 本会則に定めのない事項は役員会において協議する。

(附則)
・本会則は平成24年10月23日から施行する。
・本会設立時の役員は、第9条の定めにかかわらず別紙名簿のとおりとし、任期は平成26年度総会までとする。